雨に濡れふらふら歩く女児を保護 中学生に感謝状 国道357号付近の歩道

習志野署員から感謝状を受け取る近藤さん=12日午後、習志野市の市立第一中学校
習志野署員から感謝状を受け取る近藤さん=12日午後、習志野市の市立第一中学校

 迷子になった女児(4)を交番に送り届けたとして、習志野署(小林和治署長)は、習志野市立第一中学校3年、近藤奈乃葉さん(15)に署長感謝状を贈った。近藤さんは「声を掛けていなければ事故に遭っていたかも。助けられてよかった」と笑顔で振り返った。

 同署などによると、近藤さんは10月17日午後0時半ごろ、同市の新習志野公民館から近くのコンビニに行く途中、国道357号付近の歩道を歩く女児を見つけた。最初はどうしようか戸惑ったが、ふらふらと歩き車道に飛び出そうな女児が心配になり声を掛けた。

 当時は雨が降っており、女児はびしょ濡れ。寒さで表情がこわばっていたという。羽織っていたコートを掛け手をつなぎながら「もうちょっと頑張って歩こう」と励ますと、女児はだんだんと笑顔に。近くの秋津交番に送り届けた。

 女児の両親から習志野署に連絡があり、無事再会。女児は自宅から1人で出掛けてしまったらしく、両親が探していた。

 近藤さんは弟や妹、年下のいとこの面倒をよく見ており「小さい子に接する機会が多かったことが、女の子に声を掛ける勇気になった」と自らを分析。「女児が1人で歩いていても周囲の大人は素通りだった。同じようなことがあった時、周りの人がもっと気に掛けてほしい」と望んだ。

 同校の天田正弘校長は「助けたいと思うだけでなく、1人で実際に行動ができたことが素晴らしい」とたたえた。


  • LINEで送る