熱中症男性救命に貢献 小4高橋さんへ感謝状 東金署

感謝状を受け取った高橋さん(中央)と後藤課長(右)ら=九十九里小学校
感謝状を受け取った高橋さん(中央)と後藤課長(右)ら=九十九里小学校

 人命救助に貢献したとして、東金署(石井宏典署長)は、九十九里町立九十九里小学校4年の高橋心絆(ここな)さん(9)に感謝状を贈った。

 同署によると、高橋さんは夏休み前の下校途中、道路脇で座り込み「助けてくれ」と声を振り絞っている男性(74)を発見。大人を探そうと急いで走り出した先で出くわした友だちの母親と一緒に水を持って戻った。水を飲ませている間に母親が110番通報。男性は救急搬送され一命を取り留めた。熱中症だったとみられる。

 高橋さんは同小であった贈呈式で「見つけたときはどきどきしたけど無事で良かった。これからも困っている人がいたら助けたい」と振り返った。同署生活安全課の後藤良輔課長は「勇気ある行動で一人の命が救われたことに感激している」とねぎらった。


  • LINEで送る