高速道路に迷い込んだ6歳児を保護 配送社員に感謝状 富津館山道

感謝状を贈られた柴崎さん(右)=富津署
感謝状を贈られた柴崎さん(右)=富津署

 富津署(住吉和哉署長)は、富津市竹岡の富津館山道路に迷い込んだ市内の6歳男児を保護したとして、ヤマト運輸鋸南センターの配送社員、柴崎隼弥さん(29)に感謝状を贈った。

 同署などによると、8月23日午後6時ごろ、柴崎さんは富津竹岡インターチェンジ付近の自動車専用道路上を歩いていた男の子を発見し、同署竹岡駐在所まで送り届けた。

 配送を終え、鋸南町の配送センターに帰ろうとしたところだった柴崎さんは「目を疑ったが、とっさに助けなくてはと思い体が動いていた」。車を止めて降りると「大きな声で呼んで助手席に乗せ、駐在所に届けるまでの間も落ち着かせるように話し掛け続けた」と振り返った。

 母親からは、子どもが行方不明になったと署に通報が入っていた。

 住吉署長は「迅速、的確に救ってくれた。本来は人が歩いているはずのないところ。重大事故につながる恐れがあった」と感謝した。


  • LINEで送る