酒気帯び運転容疑で少年逮捕 東金署 ふらつき走行、署員気付く

 千葉県警東金署は17日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで九十九里町の自称建設業の少年(19)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前2時20分ごろ、東金市堀上の路上で、酒気帯び状態で乗用車を運転した疑い。

 同署によると、パトロール中の同署員が、ふらつきながら走行している車を見つけ、呼気検査で発覚。少年は「酒を飲んで運転したことは間違いありません」と容疑を認めている。


  • LINEで送る