【新型コロナ詳報】千葉県内3人死亡、105人感染 死者累計502人 新たなクラスターも

 千葉県で12日、新型コロナウイルス患者3人の死亡と105人の感染が判明した。県内で確認された死者は累計500人を超え502人となった。

 死亡したのは70代~80代の男女3人で、いずれもクラスター(感染者集団)が発生した県内医療機関の患者だった。

 松戸市内の飲食店「カラオケスタジオ都瑠」と千葉市稲毛区の有料老人ホームでは新たなクラスターが発生した。

 県はほかにも、1月28日に陽性が判明した40代~50代の男性2人と連絡が取れていないと明らかにした。検査時に提出した電話番号や住所が誤っていた。

 12日に県内で感染が確認された人の居住地は▽千葉市24人▽船橋市15人▽市川市13人▽松戸市8人▽習志野市7人▽柏市、鎌ケ谷市、木更津市、四街道市が各3人▽八千代市、市原市、流山市、八街市、山武市、大網白里市、九十九里町が各2人▽浦安市、我孫子市、成田市、白井市、富里市、香取市、東金市、銚子市、勝浦市が各1人▽県外1人、調査中が2人だった。


  • LINEで送る