無許可で出会い系サイト 運営の社長逮捕 下着手渡し販売装い 千葉県警

 下着などを手渡しで販売するウェブサイトを開設して、実質的に出会い系サイトを無許可で運営していたなどとして、千葉県警サイバー犯罪対策課と船橋署は25日、出会い系サイト規制法違反の疑いで横浜市保土ケ谷区桜ケ丘2、インターネット関連会社「St・OCEAN」社長、木村慶一容疑者(50)を逮捕した。木村容疑者のサイトを使った女性は、アクセスしてきた男性と直接会い、その場で脱ぐなどして下着を手渡しで販売していたという。県警のサイバーパトロールで発覚した。

 逮捕容疑は、ウェブサイト「OceanWind女の子専用フリマサイト・手渡し販売掲示板」を開設。神奈川県公安委員会に届け出をせず、2008年12月1日~今年9月1日、交際希望者がサイトを通して電子メールなどを使い相互に連絡が取れるようにするインターネット異性紹介事業を行った疑い。

 同課によると、木村容疑者は容疑を認め「小遣い稼ぎだった」と供述。木村容疑者は自宅にサーバーを置き、1人でサイトを運営していたという。

 サイトは03年9月に開設。女性は自分の写真や紹介文とともに「一瞬見せて別のところで脱いで手渡しします。パンツ5000、パンスト3000、くつ4000」などと書き込む。閲覧した男性は公園などで女性と会い、下着などを受け取り、木村容疑者の会社名義の口座に現金を振り込む。木村容疑者は約10年間で振り込まれた現金約4800万円の1割の480万円を受け取っていたとみられる。サイトへの書き込みはこれまでに延べ12万4千件が確認されているという。

 サイト利用者には18歳未満の中高生も確認。県警で聴取したところ、女性は「男性にブランドバッグを買ってもらった」「高級すしをおごってもらった」「年齢認証がなく気軽に使えた」などと話していたという。


  • LINEで送る