“寝耳に水”地元猛反発 漁業者「風評被害」を懸念 千葉市が指定廃棄物処分場候補地に

千葉市中央区の東電千葉火力発電所=17日午後(共同通信社ヘリから)
千葉市中央区の東電千葉火力発電所=17日午後(共同通信社ヘリから)
袋に入った汚染焼却灰をテント内で3段、4段積みで一時保管している=流山市クリーンセンター
袋に入った汚染焼却灰をテント内で3段、4段積みで一時保管している=流山市クリーンセンター

 「風評被害が出たら困る」「住民は納得しない」。“行き先”が注目されていた指定廃棄物処分場は、県都・千葉市の、東京湾沿いにある東電千葉火力発電所へ検討されていることが17日、突然明らかとなり、“寝耳に水”の地元や関係者の間に大きな動揺が広がった。千葉市では、住民の猛反発を示唆する声が。東日本大震災に伴う風評被害から立ち直りかけている漁業関係者は、それぞれに強い懸念を表明した。隣接する市原市の企業らも慎重な対応を求めた。

■千葉市■
 地元・千葉市は敏感に反応。

 「地元住民に事前に知らせるのが筋で、国のやり方は唐突過ぎる。住民を代表して反対する」。発電所に近い蘇我地区が地元の宇留間又衛門市議=中央区=は憤る。

 同地区は2010年、市内で見つかった毒ガス弾176発を処理する無害化処理施設の設置先となり、住民の猛反発が起きたばかりで「『またか』の思い」(宇留間市議)がある。「爆弾の処理が3年前に終わったばかりなのに、なんでまた蘇我なのか。万一、津波が起きたときのことを考えても心配だ。住民は絶対に納得しない」と話した。

 事態を受け、同市議会は各会派の代表でつくる幹事長会議を20日に開き、議会としての今後の対応を協議する。

 地元衆院1区(中央区、稲毛区、美浜区)選出の田嶋要衆院議員=民主=は“寝耳に水”の様子。「ネットのニュースで見た。選挙が終わってこういうタイミング。千葉市に問い合わせたが返答ない」と戸惑い気味。「話を聞かないとなんとも言えないが、政令市の直下型の地震が来るところに設置するのはどうか。プロセスを丁寧にやらないと」とクギを刺した。門山宏哲衆院議員=自民=は「状況が分からない。なぜ、千葉市が選ばれたのか、しっかり説明を求めたい」とコメントした。

■漁業関係者■
 高級ノリなどの産地で、潮干狩り場としても人気の東京湾。

 木更津市の漁業関係者は「風評被害」への強い懸念を示した。「(放射性物質が)流れ出して水産物に影響することは、まずあり得ないと思う」という木更津市のノリ漁師の男性(60)だが、「海辺は嫌だ。風評被害は困る」と反発。「原発が再稼働になれば、さらに(放射性廃棄物が)出る。海辺にあるからということで、それも来かねない」と話す。

 木更津市の木更津海岸で潮干狩り場を運営する木更津漁協の男性担当者(52)は「それはまずい」。さらに「震災で入り込みが減り、ようやく戻ってきた感じがあるのに。そういうことがあると、また激減すると思う。距離的には近くないが同じ東京湾」と不安を隠せない。

 船橋市の環境NPO理事は「風評被害を懸念する。漁業者らが4年数カ月かけてようやく風評被害を払拭(ふっしょく)した段階なので、再び風評被害が起こることが心配。処分場はどこにどのような形でできるか示されていないので、直接的な環境への影響は現時点でコメントできない」と述べた。

■市原市■
 候補地は市原市境で、海を挟んで同市八幡地区の工場群がある。その市原市臨海部工場連絡会八幡支部の化学工業メーカー「DIC」千葉工場の担当者は「(設置は)できればやめてほしい。周囲にどれほどの影響が及ぶのか分からないので、設置には慎重さが必要。まずは調査の上、状況を報告してもらいたい」と漏らした。

 市原市八幡の県立市原八幡高校は「何も分からない状況なのでコメントできない」、市原市八幡石塚の市立石塚小学校も「情報が入っておらず回答できない」と突然の一報に驚いた様子。

 県内設置に反対の立場を取っていた「放射性廃棄物を考える市原市民の会」(濱屋郁生代表)の事務局長、太田亨さん(52)=市原市若宮=は「急な話で、会としては来週の会議で対応を確認したい。東電敷地内に処分場を建設することになったのは、各地で反対運動の動きがあったからではないか」と分析した。


  • LINEで送る