房総通リズム春の観光特集2024

「職住確保」で孤立防止 活動発信、理解深まる 地域生活定着支援センター 【わたしの居場所 罪を犯した障害者の社会復帰】(下)

罪を犯した障害者への支援について語る岸センター長=千葉市中央区
罪を犯した障害者への支援について語る岸センター長=千葉市中央区
白梅学園大学発達臨床学科 堀江まゆみ教授
白梅学園大学発達臨床学科 堀江まゆみ教授

 罪を犯した障害者の中には、刑務所などを出所しても自立して生活することが難しく、再び犯罪に手を染めてしまう人が少なくない。福祉支援とうまくつながれず、孤立してしまうことが背景にある。このような人たちが社会でいきいきと安心して暮らせるように、15年ほど前から全国で支援が進んでいる。

 刑務所や少年院から出所する障害者、高齢者を支援をするのが、各都道府県に設置されている「地域生活定着支援センター」。千葉県ではNPO法人生活サポート千葉が、県から同センター事業を受託している。

 支援する障害者、高齢者は、主に身内など頼れる人がいなかったり ・・・

【残り 939文字】



  • LINEで送る