飲酒運転撲滅へ国道で一斉検問 匝瑳など4署

匝瑳市と横芝光町の市境で飲酒検問に当たる警察官(匝瑳署提供)
匝瑳市と横芝光町の市境で飲酒検問に当たる警察官(匝瑳署提供)

 飲酒運転を撲滅するため、匝瑳署などの4署は各署管内の国道126号で、飲酒運転の一斉取り締まりを実施した。

 匝瑳市、横芝光町の市境の検問場所では、15日午後8時から1時間半にわたり、匝瑳署と山武署が合同で検問に当たった。道の両側に分かれ、行き交う車のドライバーに停止を求めて呼気検査を実施。このほか銚子署と旭署も同時刻にそれぞれの場所で検問を行った。

 匝瑳署交通課は「飲酒運転撲滅の意識付けになる。ドライバーに検問している姿を見てもらうのは大事」としている。


  • LINEで送る