自宅から飲酒運転 生活保護者宅を訪問 千葉県職員を停職処分 「頑張って生活してほしくて…」

千葉県庁
千葉県庁

 千葉県は22日、県出先機関の健康福祉センターに勤務する主査級の男性職員(63)を停職1カ月の懲戒処分とした。生活保護業務を担当する男性職員は、業務上の必要がないのに自家用車を飲酒運転し、生活保護被保護者の40代女性宅を訪問していた。県は「県の生活保護行政への信頼を損なった」などと謝罪した。

 県総務課によると、男性職員は昨年8月8日、自宅で飲酒した上で自家用車を運転。業務上の必要がないのに午後7時ごろ、1人暮らしの女性宅を訪問した。

 男性職員は女性宅に1時間ほど滞在。「女性に頑張って生活してほしく、自らが私生活で苦労している状況を話した」などと説明したという。

 女性は、男性職員が居眠りしたため、知人に頼んで自宅まで送り届け、同日中に警察に相談。翌日、男性職員は警察に出頭し、被保護者宅には行かない旨の始末書と、酒気帯び運転しない旨の誓約書を提出した。飲酒運転は検査できず、摘発されていない。業務以外の訪問はこの1回だけという。


  • LINEで送る