ビワ被害把握へドローン 南房総で協議会 災害に強い産地目指す

 県産ビワの生産維持や拡大を目指す「びわ再生協議会」(会長・安藤正則房州枇杷組合連合会会長)が5日、南房総市のJA安房富 ・・・

【残り 530文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る