2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

佐原町並み巡りはオンラインで ライブ配信、“お土産”郵送

香取市佐原の町並みや名産品が紹介されたオンラインツアーの一コマ
香取市佐原の町並みや名産品が紹介されたオンラインツアーの一コマ

 成田国際空港会社(NAA)のグループ会社「グリーンポート・エージェンシー(GPA)」は、オンライン上で香取市の佐原の町並みと成田空港を見学するツアーを開いた。コロナ禍で外出を控えている人たちに少しでも旅気分を味わってもらおうと企画。「収束したらぜひ現地に遊びに来て」と呼び掛けた。

 同社によると、空港単独のオンラインツアーはあったが、自治体と連携して行うのは初めて。空港周辺地域への貢献活動の一環でもあり、今回は同市を選んだ。ツアーを購入した135人により旅行気分を感じてもらおうと、お土産代わりに香取の名産品と空港グッズを事前に郵送した。

 佐原の町並みからビデオ撮影し、インターネットでライブ配信を行った。スタッフは「伊能忠敬が活躍し、地図の町と呼ばれている」「日本三大厄除弘法大使の観福寺が近くにある」などと説明。ユネスコの無形文化遺産に登録されている「佐原の大祭」の映像も流し、客を喜ばせた。

 空港編は、芝山町の航空科学博物館から中継。普段入ることができない滑走路脇や貨物地区の映像を流しながら、学芸員が解説した。

 GPAの北條永康経営企画課長は「地元の事業者さんがうまく橋渡ししてくれたからこそできた企画」と感謝。香取市編をコーディネートした前田誠之さんは「香取の商品の魅力が伝われば幸い。複数の良いものを関連付けて紹介することでストーリーが生まれる」と話した。


  • LINEで送る