2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

カミツキガメ生息6500匹 印旛沼、19年度捕獲は1597匹

カミツキガメ(千葉県生物多様性センター提供)
カミツキガメ(千葉県生物多様性センター提供)

 千葉県は、印旛沼周辺で繁殖する特定外来生物カミツキガメの生息数が、今年3月末時点で約6500匹程度との最新推計を発表した。直近の2019年度の捕獲数は、過去最多だった18年度(2259匹)に次ぐ1597匹。生息数を減らすには20年度も最低約1300匹の捕獲が必要とした。

 県によると、県内のカミツキガメは印旛沼とその周辺水系に集中。人への危害や生態系崩壊を防ぐため、集中的な駆除を進めている。19年度は県の事業で1425匹、市町村や警察分で172匹を捕獲した。

 従来、推計生息数は15年度時点で3千~4万匹(中央値約1万6千匹)としてきたが、捕獲が進み、より詳しいデータも得られたため、今回、精度の高い統計方法を適用して調べ直した。


  • LINEで送る