新型コロナウイルス情報

山武の酒蔵、焼酎原料にした消毒用アルコール商品開発 コロナ対策

 新型コロナウイルスの感染拡大で消毒液が不足していることを受け、山武市蓮沼ハの酒蔵「守屋酒造」が純米焼酎を原料にした77度の高濃度アルコールを開発した。2日に販売開始。1日80リットルのペースで ・・・

【残り 865文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る