経営支援へデジタル強化 コロナ禍で訪問営業に制約 千葉県内地銀専用サイト導入

 新型コロナウイルス禍で訪問営業の制約が続く中、千葉県内の地銀は、非対面で取引先企業の経営を支援するデジタル化を加速させている。千葉興業銀行は昨年12月、ビジネスマッチング機能などがある経営支援プラットフォーム「Big Advance(ビッグ・アドバンス)」の取り扱いを開始。千葉銀行は、融資制度の情報などを配信し、口座の出入金履歴をグラフ化できる専用サイト「法人ポータル」を4月から導入する。

 ・・・

【残り 973文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る