休校時ICTで学習支援 千葉県教委、マイクロソフトと協定

オンライン電子署名で協定を結び、画面越しに“握手”する県教委の沢川教育長(右)と日本マイクロソフトの佐藤常務=22日、県庁
オンライン電子署名で協定を結び、画面越しに“握手”する県教委の沢川教育長(右)と日本マイクロソフトの佐藤常務=22日、県庁

 教育現場への情報通信技術(ICT)導入を加速させようと、千葉県教委と日本マイクロソフト(東京都港区)は22日、オンライン形式で連携協定を結んだ。4月をめどに、ウェブ上で会話などができるサービス「Teams(チームズ)」を県立学校の全ての教員と生徒が利用できるようにする。県内では新型コロナウイルス感染拡大の影響で臨時休校が相次いでおり、休校してもウェブ上で生徒と教員をつなぎ学習を支援する。

 県教委は教員1人に1台のパソコンを導入済みで、同社のソフトを利用。ICT教育の推進に向け同社から助言を受けており、従来からの連携を発展させた。同社との協定は東京都教委などに続き全国4件目。

 各校は臨時休校時、課題を出して休校明けに提出させているが、チームズの活用で休校中でも教員の指導が可能になる。教員同士がウェブ上で意見交換できる場を開設するほか、ICTを生かした授業案や教材を学校の枠を超えて相互利用できる共有ポータルも整備する。共有ポータルは全国に先駆けた試みで、同社はノウハウを蓄積し他県でも展開する。

 県庁で電子署名による協定締結式に臨んだ県教委の沢川和宏教育長は「ICT機器は文房具のように欠かせないアイテムになる。生徒の情報活用能力を向上させたい」と意欲。同社の佐藤亮太常務は「ニューノーマルの時代に教育も変革を迫られている。千葉県の教育改革を支援していく」と約束した。


  • LINEで送る