2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

新品種米「粒すけ」PR 千葉県がイベント お薦め料理紹介

粒すけを使ったメニューを考案した五十嵐さん(左)とゆかりさん=3日、千葉市中央区のホテル
粒すけを使ったメニューを考案した五十嵐さん(左)とゆかりさん=3日、千葉市中央区のホテル

 県が13年かけて開発した米の新品種「粒(つぶ)すけ」のデビューイベントが3日、千葉市中央区のホテルで開かれた。料理研究家が粒すけを使ったお薦めメニューを披露し、集まった関係者が幅広い普及を願った。

 大粒で光沢感のある見た目が特徴の粒すけ。いろいろな料理に合うオールマイティーな食感が持ち味で、料理研究家の夫婦、五十嵐豪さんと睦沢町出身のゆかりさんが、うま味を引き出すメニューを考案した。

 卵や鶏ガラスープの素で簡単に作れるカルボナーラ風の「鶏カルボ飯」を紹介した五十嵐さんは「全国のお米を食べているが、こんなに輪郭の立った米は初めて」と説明。「とろけるなすステーキ丼」を作ったゆかりさんは「旬のナスとも相性抜群」とアピールした。

 試食した森田健作知事は「おいしい」と満面の笑み。登壇した県農業協同組合中央会の林茂壽会長は「生産者も喜んでいる」と、茎が短く強風にも倒れづらい新品種の登場を歓迎した。

 レシピは粒すけの特設サイトで今後紹介。県は、県内40飲食店で粒すけを使ったメニューを提供するキャンペーンなどを展開し、普及を図る。本年度のPR事業費は3200万円。


  • LINEで送る