外国人旅客にも拡大 成田空港の電子申告ゲート 27日から通関迅速化へ

  • LINEで送る

27日から外国人旅客にも拡大される電子申告ゲート=4月
27日から外国人旅客にも拡大される電子申告ゲート=4月

 成田空港第3ターミナルの税関検査場で先行導入している電子申告ゲートで、東京税関成田支署は7日、日本人旅客向けに導入している同ゲートを、今月27日から外国人旅客にも拡大すると発表した。入国時に携帯電話のアプリと専用の端末を使い携帯品を申告、顔認証で本人確認してウオークスルーで通過できるもので、来月のラグビーW杯や来年に迫った東京五輪・パラリンピックに向け、よりスムーズな通関の実現が期待される。

 同ターミナルでは4月15日、全国で初めて、日本人旅客向けに電子申告ゲートを先行導入していた。同ゲートではスマートフォンなどに税関申告アプリをダウンロードして申告内容を入力し、QRコードを作成。手荷物を受け取る待ち時間を利用し、電子申告端末で顔認証とIC旅券、QRコードの読み込みを行う。手荷物を受け取った後は、専用のゲートを顔認証によりウオークスルーで通過できる。

 同支署では「携帯品申告手続きの電子化と顔認証技術を活用し、入国旅客の円滑かつ厳格な旅具通関の実現を図る」としている。

 税関申告アプリのダウンロードは税関ホームページ(http://www.customs.go.jp/)へ。