格安直行バス運行開始 「北総鉄道は割高」と社会実験 印西・高花地区住民グループ

  • LINEで送る

 北総鉄道線の駅から離れた印西市高花地区で7日、同地区と新鎌ケ谷駅(北総線と東武野田線、新京成線が乗り入れ)を結ぶ格安の直行バスの運行が始まった。同地区の住民グループが企画した社会実験で13日まで運行。利用状況や乗客のアンケートを集計し、年内にも本格運行の実施を決める。

 社会実験では、鎌ケ谷観光バス(鎌ケ谷市)の中型バス(定員46人)を貸し切り、一日6便運行。新鎌ケ谷駅近くの鎌ケ谷総合病院を出発し、北総線と並行する国道464号を通って同市高花地区の7停留所を回る。料金は一律300円で、北総線の鉄道運賃(高花地区の最寄り駅の千葉ニュータウン中央-新鎌ケ谷駅間で540円)に比べて割安に設定した。

 同バス事業の問い合わせは、鎌ケ谷観光バス、電話047(444)3154。