渦中の再開に疑念 「選手は嫌がっている」 千葉ジェッツ試合中止

 バスケットボール男子Bリーグは14日から無観客で再開した。千葉ジェッツは船橋アリーナで宇都宮ブレックスと2連戦を予定していたが、15日は審判の発熱により試合が中止となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界的にスポーツイベント中止が相次ぐ渦中での開催となり、千葉の選手らも不安の声を上げている。

(運動部・小川洋平)

 大野篤史ヘッドコーチは「コンタクトが多く汗も飛ぶスポーツを一番先にやっていいものなのか。リーグの判断に従うしかないが、もう少し選手の思いをくんでほしい」とリーグ再開に疑念を示した。

 エースの富樫勇樹選手も「もちろん全力でプレーはするが、いろいろな選手が試合を嫌がっている部分は正直ある。特に外国人選手はNBA(北米プロリーグ)中止が大きく響いている」と明かす。

 15日は試合開始時刻の午後3時5分を大きく過ぎた同4時20分ごろに中止が発表。Bリーグ担当者によると、午後1時ごろに審判1人の37・5度以上の発熱が発覚。4人目の代替審判を探し開催準備も進めたが、Bリーグ本部の決断を待つしかなく発表が遅れたという。14日には川崎-北海道戦が北海道の選手の発熱で中止となっている。

 発熱者が出た途端に試合開催が危ぶまれる状況を繰り返していてはきりがない。真剣勝負に準備をしてきた選手はもちろん、経費をかけ会場設営する運営側にも影響が及ぶ。

 しかし、リーグは佳境。打ち切りとなればバッシングも予想され、クラブを支えるスポンサーが離れる懸念もある。プロスポーツの現場に、極めて難しい問題が取り巻いていることを痛感する2日間となった。



  • LINEで送る