中央学院ナイン喜びの声 第100回全国高校野球 西千葉大会 第15日

大谷拓海 けがして試合にも出られず、ここまでは仲間に連れて来てもらった。本塁打はその恩返し。

池田翔 粘り強い野球で優勝できた。甲子園は千葉代表として一戦一戦全力で臨み、勝利を目指す。

高鹿隼人 自分としては満足いく結 ・・・

【残り 973文字】



  • LINEで送る