戸定が丘歴史公園(松戸市)

  • LINEで送る

 徳川慶喜の弟である昭武が晩年を過ごし、慶喜もよく訪れたという戸定邸(国指定重要文化財)は、戸定が丘歴史公園の敷地内にあり、歴史館も併設されており、公園は日本の歴史公園100選に選ばれています。公園の奥は、隠れた梅の名所となっていて、手入れの行き届いた公園に紅白の梅の古木が咲く様は、大変趣があります。また、芝生を洋風に張り江戸川や富士山を借景としている庭(戸定邸庭園)は、平成27年に国指定名勝となりました。
平成28年11月末より、戸定邸庭園を明治時代の姿に復元するための工事を行っています。(工事は平成30年夏頃までの予定)

【見 頃】2月中旬~3月中旬
【場 所】松戸市松戸714-1
【休園日】月曜日(祝日の場合は翌日)
【その他】歴史公園は入園無料。※戸定邸庭園を見るには戸定邸入館料が必要です。
     戸定邸・歴史館はそれぞれ一般150円、高校生・大学生100円
     両施設とも入館の場合は、一般240円、高校生・大学生160円、中学生以下無料
【交 通】JR常磐線松戸駅又は新京成線松戸駅東口から徒歩10分
【問合先】TEL(047)362-2050 松戸市戸定が丘歴史公園
【URL】http://www.city.matsudo.chiba.jp/tojo/