ちばの選挙

元市議・立崎氏が出馬表明 「無駄遣いなくしたい」 習志野市長選

 元習志野市議の立崎誠一氏(75)は22日、同市内で記者会見し「徹底して税金の無駄遣いをなくしたい」と述べ、来春の統一地方選で行われる同市長選に無所属で出馬することを表明した。立崎氏の同市長選への挑戦は4度目となる。

 立崎氏は「荒木市政は至る所で税金の無駄遣いが行われている」と、現市政を批判。公共工事での入札制度改革、市特別職給与、議員報酬の50%削減、市職員数の削減などを訴えた。


  • LINEで送る