2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

ちばの選挙

太田氏、大差で初当選 「新生匝瑳のために働く」 匝瑳市長選

 任期満了に伴う匝瑳市長選と市議補選(欠員3)は7日に投票が行われ、即日開票の結果、市長選は組織力で他候補を上回った元市議で印刷業の太田安規氏(65)が初当選を果たした。全市的に支持を得て、次点の前市議会議長で植木業の佐藤悟氏(61)にダブルスコアをつける圧勝。支持者の熱気が渦巻く事務所では現職の江波戸辰夫市長が早々、「太田市長」と呼び掛け、喜びをともにする一幕も見られた。投票率は68・17%。

江波戸市長の今期限りの勇退表明を受け、旧八日市場市としては12年ぶり、旧野栄町としては8年ぶりの首長選は太田氏、佐藤氏に加えて前市議の石田勝一氏(65)のいずれも無所属3新人の争いとなった。

太田氏は「市民に喜びを感じてもらえる施策を展開したい」と出馬表明。選挙戦では「新生匝瑳」を合言葉に福祉、教育施策に重点を置きアピール。

佐藤氏は農業関係への強みを背景に市長給与のカットなどを訴えたが涙をのんだ。旧野栄出身の石田氏は「今こそチェンジだ」と呼び掛けたが及ばなかった。

当日有権者数は3万3442人(男1万6345人、女1万7097人)。

匝瑳市長選開票結果 =選管確定=
太田安規 65 無新 12880
  佐藤悟 61 無新 5933
  石田勝一 65 無新 3758

  • LINEで送る