連載スタート 千葉文学賞作品「いのちの時間」続編小説

画・森川 剛
画・森川 剛

 千葉文学賞受賞作「いのちの時間」の続編小説「いのちの時間2」の連載が始まります。

受賞作品を読む▶▶「いのちの時間」

 父と娘で切り盛りしていた小料理屋「舟よし食堂」。娘の妊娠を機に、求人募集をかけたところ、面接に現れたのは全盲の若い女性「ひかり」。周囲の心配をよそに、ひかりは抜群の料理の腕前で大活躍するが……。

 「人の絆」を繊細に描き、2020年に第63回千葉文学賞を受賞した相羽亜季実さん(浦安市在住)の小説「いのちの時間」。その続編で、ひかりと舟よし食堂のその後を描いたハートフルな物語「いのちの時間2」を千葉日報オンラインで連載します。

◆いのちの時間2◆

12月16日スタート 毎週水曜更新(年末年始を除く)

先に受賞作品を読む▶▶「いのちの時間」

▶第1話 (上)(中)(下)12月16日無料公開

▶第2話 (上)(中)(下)12月23日公開

▶第3話 (上)(中)(下)1月6日公開

▶第4話 (上)(中)(下)1月13日公開

▶第5話 (上)(中)(下)1月20日公開

▶第6話 (上)(中)(下)1月27日公開

▶第7話 (上)(中)(下)2月3日公開

▶第8話 (全1話)2月10日公開

▶最終話 (上)(下)2月17日公開

※公開日(朝5時更新)まではクリック先のページが表示されません

「続編で、登場人物たちのこれから先の人生を書きたい」と語る相羽さん
 ◆作者 相羽亜季実(あいば・あきみ)
 本名小川亮子。1975年生まれ、富里市出身。千葉敬愛高-千葉敬愛短大卒。フリーライター、家庭教師。浦安市在住。


  • LINEで送る