障害ある子らサーカス挑戦 パラ開閉会式出演者と長野

さまざまな障害のある子どもたちが東京パラリンピック開閉会式出演者や健常者らと共に挑戦したサーカス公演=9日、長野県佐久市

 長野県佐久市で9日、さまざまな障害のある子どもたちが2021年の東京パラリンピック開閉会式出演者や健常者らと共に、サーカス公演に挑戦した。観客約300人が見守る中、カラフルな衣装に身を包み、玉を使ったジャグリングや軽快なダンスを披露した。

 障害がある観客に配慮して、ほとんどセリフをなくし、身ぶり手ぶりを交えた演出を凝らした。サーカスのチケット代の一部は呼吸器の日常的な装着など医療的ケアが必要な子どもへのクリスマスプレゼントに使う。

 家族で公演に参加した佐久市の三石真奈美さん(40)は、車いすを利用する息子の士恩ちゃん(5)を押しながら演技した。


  • LINEで送る