皇后さま60歳に 新たな気持ちで歩んでいく

60歳の誕生日を迎えられる皇后さまと天皇陛下、長女愛子さま=1日、皇居・御所の小広間(宮内庁提供)

 皇后さまは9日、60歳の誕生日を迎えられた。宮内庁を通じて感想を公表し、還暦の節目に「信じられないような気持ち」とし「これから新たな気持ちで一歩を踏み出し、努力を重ねながら、この先の人生を歩んでいくことができればと思う」とつづった。

 60年の人生を振り返り「私を慈しみ育ててくれた両親をはじめ、お世話になった全ての方に深く感謝する」とし、国民から寄せられる温かな気持ちに「心からのお礼を伝えたい」と記した。

 1993年に結婚し、皇室に入ってからの出来事に思いを巡らせ、95年の阪神大震災や2011年の東日本大震災を「大きな衝撃と深い悲しみを持って受け止めなくてはならない現実でした」とした。16年の熊本地震など相次いだ自然災害に触れ「厳しい状況の中で人々が助け合い、悲しみを乗り越え、苦難に立ち向かおうとする姿にどれほどの感銘を受けたことでしょう」と思いやった。

 戦争や紛争により、子どもを含む多くの人の命が失われていることに「大変心が痛む」とし、分断と対立の深まりを気にかけた。


  • LINEで送る