墜落した米オスプレイの捜索続く 8人搭乗、男性1人死亡

米軍オスプレイの事故現場海域で、漂流物とみられるものを引き揚げる海上保安庁の職員ら=30日午前10時30分、鹿児島県・屋久島沖(共同通信社ヘリから)

 木原稔防衛相は30日の参院外交防衛委員会で、鹿児島県・屋久島沖で起きた米空軍の輸送機CV22オスプレイの事故について「墜落した」と述べた。付近の海域で発見され、死亡が確認された男性は、搭乗員の1人だとも明らかにした。日本国内で起きたオスプレイの事故で死者は初めて。海保は、6人としていた搭乗員は8人だったと説明。第10管区海上保安本部(鹿児島)や自衛隊は行方不明となっている残る7人の救助、捜索を続けた。

 木原防衛相は、安全性が確認されてから飛行するよう米側に要請したことを明らかにした。「事故の発生は地域の皆さまに大きな不安を与えるものであり、誠に遺憾」と述べた。防衛省の29日の説明では「不時着水をした」としていた。

 防衛省は松本尚防衛政務官を30日に鹿児島に派遣すると発表。陸上自衛隊は、事故状況が明らかになるまで、当面の間オスプレイの飛行を取りやめる。

 墜落を巡っては、直前に左エンジンから火が出ていたとの目撃情報があり、事故原因の究明には海中に沈んでいるとみられる機体の発見が重要となる。


  • LINEで送る