国道297号で集団暴走疑い 「一緒に走るのが楽しかった」 千葉県警、18歳の男2人逮捕 大多喜

千葉県警本部
千葉県警本部

 千葉県警は7日までに、道交法違反(共同危険行為等の禁止)の疑いで自称無職の男(18)=御宿町=と解体工の男(18)=勝浦市=を逮捕、送検し、同日、17~18歳の男ら3人を書類送検した。「仲間と一緒に走るのが楽しかった」といずれも容疑を認めている。

 逮捕、送検容疑は共謀し昨年10月26日午後9時35分~同40分ごろ、大多喜町の国道297号で、オートバイやミニバイク計5台に分乗し、蛇行運転などを繰り返す集団暴走をした疑い。

 県警交通捜査課によると、帰宅途中の警察官が暴走行為を確認し、ドライブレコーダーの映像から5人が浮上した。逮捕された2人は以前にも暴走行為をした疑いで書類送検されていた。


  • LINEで送る