コロナ助成金計105万円 柏市長関連団体に

太田和美氏
太田和美氏

 柏市の太田和美市長の資金管理団体「都市経営フォーラム」(同市)と、太田氏の元秘書が代表を務める政治団体「美政会」(松戸市)が2020年に国の新型コロナ対策の助成金計105万円を受け取っていたことが28日までに、両団体の政治資金収支報告書で分かった。

 コロナ対策の助成金を巡っては、与野党の複数の国会議員の政治団体が受給していたことが明らかになり、返還の動きが相次いだ。太田氏は31日の定例記者会見で取材に応じる意向を示した。

 同フォーラムは太田氏が代表を務める。20年分の収支報告書によると、8月に小学校休業等対応助成金26万7050円が厚生労働省から支払われた。美政会の20年分の収支報告書には、千葉労働局から6月と8月に雇用調整助成金(雇調金)5件計78万9080円の収入の記載があった。両団体とも、ほぼ同額を借入金返済として太田氏宛てに支出していた。

 小学校休業等対応助成金は、休校などで小学校や保育所に通えない子どもの世話が必要になった労働者に対し、有休休暇を取得させた事業主を支援する制度。

 雇調金は事業主が労働者に支払う休業手当の一部を助成する制度。新型コロナに伴う特例措置として、事業活動が縮小していたり、最近1カ月間の売上高などが前年と比べ一定程度減少していたりするなどの条件を満たす全ての業種が対象となる。

 政治団体によるコロナ対策助成金の受給を巡っては、助成金の目的がコロナ禍で打撃を受けた企業の雇用を守るためだとして、受給は適切ではない、との指摘が上がっている。


  • LINEで送る