再発防止力合わせて 軽井沢バス事故6年、集い 公判中の社長は献花し謝罪

スキーバス転落事故の現場を訪れ、慰霊碑に手を合わせる遺族会代表の田原義則さん(中央)ら=15日午後、長野県軽井沢町(共同)
スキーバス転落事故の現場を訪れ、慰霊碑に手を合わせる遺族会代表の田原義則さん(中央)ら=15日午後、長野県軽井沢町(共同)

 2016年に長野県軽井沢町で千葉県の3人を含む大学生ら15人が死亡、26人が重軽傷を負ったスキーバス転落事故から6年となった15日、現場には遺族とともに、国土交通省や日本バス協会、日本旅行業協会の職員が一堂に会し、事故の風化と再発を防ぐため、立場を超え力を合わせようとする「安 ・・・

【残り 1240文字】



  • LINEで送る