殺人容疑で23歳男逮捕 SNSで知り合い、初対面か 袖ケ浦・19歳女性遺体事件

中込愛美さん
中込愛美さん

 千葉県袖ケ浦市の竹林で5月、同市の美容師見習い、中込愛美さん=当時(19)=が遺体で見つかった事件で、県警は21日、殺人の疑いで横浜市緑区寺山町、アルバイト、夏見翔太容疑者(23)を逮捕した。中込さんはSNSで夏見容疑者と知り合い、初めて会った際に事件に巻き込まれたとみられ、県警が詳しい経緯や動機を捜査している。

 逮捕容疑は5月7日ごろ、袖ケ浦市蔵波の竹林内で、中込さんの体を刃物のようなもので突き刺すなどして殺害した疑い。

 県警特別捜査班によると、容疑者は刺したことは認めているが、殺意を否認している。

 中込さんは5月7日朝、自宅で母親が確認したのを最後に行方不明になった。家族や知人が携帯電話の位置サービスなどを基に捜し、同月12日夜に自宅から約450メートル離れた竹林内で血を流して倒れている中込さんの遺体を見つけた。

 特捜班が防犯カメラやスマートフォンの解析などを進め、容疑者が浮上。現場付近の防犯カメラには、7日に容疑者とみられる人物と中込さんが別々に映っていた。いずれも現場方向に向かっていた。2人はSNSで知り合い、複数回のやり取りを経て同日に初めて会ったとみられる。

 容疑者は、事件翌日の5月8日に横浜市内で18歳未満と知りながら少女にみだらな行為をしたとして、神奈川県青少年保護育成条例違反の疑いで6月上旬に神奈川県警に逮捕されていた。少女とはSNSで知り合ったとみられる。


  • LINEで送る