【速報】袖ケ浦の竹林内で19歳女性死亡 県警、殺人事件として特捜班設置

中込さんが遺体で見つかった現場近くには花束が手向けられた=19日、袖ケ浦市蔵波
中込さんが遺体で見つかった現場近くには花束が手向けられた=19日、袖ケ浦市蔵波

 袖ケ浦市蔵波の竹林内で12日夜に19歳の女性が死亡しているのが見つかり、千葉県警は19日、刃物のようなもので刺された傷があったことなどから、殺人事件とし木更津署に特別捜査班を設置した。女性は今月7日から行方が分からなくなっており、家族らが捜していた。現場から刃物は見つかっていない。

 県警捜査1課によると、死亡したのは同市蔵波台の美容師見習い、中込愛美さん。着衣に乱れはなく、バッグや携帯電話、現金入り財布は遺体の近くに放置されていた。現場に争った形跡はなかった。

 中込さんは7日朝、自宅で母親が確認したのを最後に行方が分からなくなっていた。携帯電話の位置サービスを基に兄や知人らが捜していたところ、12日夜、自宅から約450メートル離れた竹林内で血を流して倒れている中込さんを発見した。

 18日に千葉大で行った司法解剖の結果、出血性ショックの可能性があるものの、死因の特定はできなかった。中込さんの家族は「帰ってくると思い、家族で捜していた」と話しているという。同課は付近の防犯カメラ映像を確認するなどして調べている。

 現場はJR内房線長浦駅から南西に約500メートルの住宅地近くの竹林。


  • LINEで送る