肘関節手術で神経損傷 千葉市立青葉病院で医療事故 50代患者に後遺症

 千葉市立青葉病院(中央区)は11日、整形外科で2019年に50代患者に行った左腕の肘関節手術で、担当医が薬指と小指の感覚を伝える尺骨神経を誤って損傷する医療事故があったと発表した。患者は左手小指がしびれる後遺症が残っている。同病院は患者や医師の性別を公表していない。

 同病院によると、患者は同年11月、骨折した左腕肘関節付近に埋め込んだプレートを除去するとともに、関節の可動域を広げる手術を受けた。その際、担当医が尺骨神経をメスで剥離する過程で、誤って刃が当たり直径の4分の3程度を切断した。

 担当医は当時、医師免許取得後6年目。ベテランの指導医の介助を受け執刀したが、難易度の高い手術だった上にメスによる剥離にこだわり、同病院は慎重さを欠く手技上の過失があったとした。「いつ損傷したか分からなかった。手術が進んでから気付いた」と説明したという。既に退職している。

 患者は手術後、小指の感覚がなくなったり、握力が低下したりした。握力は徐々に回復し日常生活に不自由は訴えていないが、仕事に通常より時間がかかっているという。

 同病院の山本恭平院長は市役所で記者会見し「患者や家族に多大な迷惑をかけ心からおわびする」と謝罪した。


  • LINEで送る