イオンがワクチン職場接種 「来店客の安全安心に」 イオンモール幕張新都心で21日から

 イオン(千葉市美浜区)は11日、新型コロナウイルスワクチンの職場接種を21日からイオンモール幕張新都心(同区)で開始すると発表した。同店や周辺にあるイオン勤務の社員とテナントで働く従業員ら約6千人が対象となる見込み。場所は同店ホールを予定している。

 イオン担当者は「接種率を上げることが、地域や来店客の安全・安心につながる」と説明。当面はイオンモール幕張新都心を含む全国8事業所で約5万人を対象に接種を進め、順次拡大していく予定。県内企業では千葉銀行もすでに職場接種の申請をしている。


  • LINEで送る