千葉県、コロナワクチン大規模接種会場設置へ JR蘇我駅周辺で調整、6月中旬にも 熊谷知事「選択肢増やす」

定例記者会見で記者団の質問に答える熊谷知事=27日、県庁
定例記者会見で記者団の質問に答える熊谷知事=27日、県庁

 高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種を加速するため、熊谷俊人知事は27日の定例記者会見で、県独自の大規模接種会場を設置すると表明した。会場は千葉市中央区のJR蘇我駅周辺とし、接種対象者は県内居住の65歳以上。「6月中旬までに接種を開始したい」と述べ、政府が目標に掲げる高齢者接種の7月末完了に向けてスピードアップを図る。

 関係者によると、会場は同市の施設「蘇我コミュニティセンター」(同区今井)を予定。熊谷知事は、千葉大病院などから協力を得て医療従事者を確保できたと説明し、「市町村ごとに差が出てくる接種ペースなどを補正できる」と意義を強調した。

 会場選定について「(JR内・外房線が乗り入れるなど)蘇我駅は交通の要衝で広範囲から訪れやすい」と利便性を理由に挙げた。また「さらなる大規模接種会場の確保も目指す」とし、感染状況や医療従事者・会場確保などの見通しが立てば、会場を追加する意向も示した。

 大規模接種会場の設置を巡り、県は市町村のワクチン接種への悪影響が出ないよう、ワクチンの打ち手となる医療従事者の確保を慎重に行っていた。


  • LINEで送る