千葉県、新型コロナワクチン集団接種スタート 蘇我会場に568人 「やっと1回目」安堵 松戸に新たな会場も

ワクチン接種を受ける女性(左)=千葉市中央区の蘇我コミュニティセンター
ワクチン接種を受ける女性(左)=千葉市中央区の蘇我コミュニティセンター
受け付けを待つ接種対象者=千葉市中央区の蘇我コミュニティセンター
受け付けを待つ接種対象者=千葉市中央区の蘇我コミュニティセンター
蘇我コミュニティセンター
蘇我コミュニティセンター

 高齢者への新型コロナウイルスワクチンの接種を加速させるため、県による集団接種事業が14日、千葉市中央区の蘇我コミュニティセンターでスタートした。初日は事前に予約した600人のうち568人に接種した。高齢者接種が始まり約2カ月。会場に足を運んだ高齢者は「予約がなかなか取れなかったが、ようやく接種を受けられた」と安堵(あんど)の表情を見せた。

 県によると、医療スタッフは医師4人、看護師22人を含む計約90人。受け付けは午前9時10分に始まり、予約した高齢者は問診後に看護師から接種を受け、15~30分間ほど体調に変化がないかを確認し会場を後にした。目立った副反応などは見られなかったという。

 会場近くに住む土屋誠一さん(74)=千葉市中央区=は「病院での予約がなかなか取れず、市の集団接種も電話がつながらず諦めていた」と接種を終えほっとした様子。電車を利用して来た常盤清志さん(65)=同市=は「地元での接種が8月以降だったのでキャンセルしてきた。(接種を終え)少し気は楽になった」としながら、「2回目の接種と家族が済んでいないので」と表情を崩さなかった。

 県疾病対策課によると、14日に接種予定だった高齢者600人のうち26人がキャンセル、6人が会場に来なかった。未使用分は医療従事者ら16人の接種に充てたという。

 初日の対応について同課の担当者は「受け付けが一時混雑したが順調に進んだ」と説明。21日以降は対象が720人に増えるため「希望者への接種を一日も早く完了させられるようオペレーションを改善していく」と気を引き締めた。

 予約については、1回目の接種期間のうち、前期分(14~27日)はすでに締め切られている。後期分(28日~7月10日)は21日から予約を受け付ける。

 また、県は14日、松戸市文化ホール(同市松戸)に2カ所目となる集団接種会場を設けると発表した。15日から予約を受け付け、20日に接種を始める。


  • LINEで送る