私の小倉台日記

■プロフィール
勝山朗子(かつやま・あきこ)
  小説家、エッセイスト。房総文化懇話会会員。文学サークル『槙』同人。共著に『千葉児童文学選集』『槙・文学選集1・2・3』『何がそんなに…』など。千葉市在住。


オノマトペ

  • LINEで送る

 今年の夏は酷暑であった。今から十日ほど前、やっと三十度以下の気温になった。

 その夜、寝ているといつもとは違う空気を感じた。雨の音がする。久し振りに聞く雨の音だ。シトシトでもない ・・・

【残り 701文字】