日々徒労

  • LINEで送る

 朝の7時に起きて、歯磨きをして、水を沸かし始めた小鍋に、昨日か一昨日の冷飯を放り込む。

 ぐつぐつとし出したらマーガリンを入れて、生卵を落とし、塩胡椒と蜜を入れて、さっと火を消す。その一瞬はかなり手早い。

 それから食事をして食後の薬を7種飲むことになるが、当然ながら、この手作り食事をうまいと思ったことはない。そこでこの食事については、薬を飲むための「食後を作る食事」と意識する。

 不思議なもので、この意識のせいか、人のいい友人方に誘われて、焼き肉や寿司をごちそうになっても、なんとなく「食後を作る食事」に思われて、つい好意の主を不快にする。

 7時に起きるのは、8時に薬を飲むためで、服用時刻がひどく延びたり、まちまちになったりすると、薬効が「無」になるばかりでなく「害」になることもある、と薬剤師さんに脅されているからな-のだ。

 思わずバカボンのパパみたいな口調になったが、これでいいのだ!というわけにはいかない。7時に起きて、それで8時に朝の薬を飲む、という流れにはならなーいのだ。歯磨きの時間が、ひどく延びたり、まちまちになったり、8時を過ぎても「食後を作る食事」の方に手も口も回らなーいのだ。

 歯の性が悪いのに私は歯をごしごしと磨く。NHK総合テレビ「ためしてガッテン」で、歯をごしごし磨くと歯周病の危険性があると聞かされ、ニ、三日は萎縮していたが、習慣でまた元へ戻ってごしごし。

 へんな癖があり、歯磨き中にぼんやりと思案している。何の思案かというと口臭の災いについてだ。......