ちばの選挙

鈴木氏が出馬表明 市川・県議補選

  • LINEで送る

 市川市選挙区の県議補選(欠員2)で、民主党支部役員で武蔵野大学客員研究員の鈴木真志氏(38)=同市真間5、が24日、同市内で会見を開き民主党公認で立候補すると表明した。

 同補選への出馬表明は前自民党市議の松井努氏(62)に続いて2人目。

 鈴木氏は会見で「県は財政赤字が2兆6千億円に膨れ上がり財政が硬直化している。無駄を省いて財政を立て直したい」と決意を披歴。「先進行政のモデルを千葉から全国に発信する」とした上で、主な公約として地域医療の再生や高額電車賃の是正、「シャッター商店街」の解消などを挙げた。