銚子市長を書類送検 千葉県警、公選法違反容疑で

  • LINEで送る

 2013年4月の銚子市長選で、初当選した越川信一市長(53)が直前まで社長を務めていた地元紙に自らに有利な記事を掲載させたとして刑事告発された問題で、千葉県警は11日までに、公選法違反の疑いで越川市長ら2人を書類送検した。書類送検は10日付。

 越川市長らは同年1~4月の地元紙で、越川市長の出馬会見や政策などを詳細に報じる一方、対立候補の人格などを批判する記事を掲載したとして、市民ら11人が昨年4月、県警に告発状を提出していた。