正月用護摩札作り始まる 僧侶8人黙々と作業 成田山新勝寺

 成田市の成田山新勝寺で11日、早くも正月用の護摩札作りが始まった。初詣客の申し込みに応じ、本尊の不動明王の分身として授ける護摩札。大小合わせ約60万体を用意するため、年の瀬まで作業が続くという。
【残り 304文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る