「ちばブロ」は、県民と企業が共に咲くパブリシティ紙面企画

企画・制作 千葉日報社 広告局


「おかずバイキング」も導入 リニューアルで品揃え強化 コープ市川店(市川市)


「おかずバイキング」も導入 リニューアルで品揃え強化 コープ市川店(市川市)

  • 0
  • LINEで送る

 コープみらい(さいたま市、新井ちとせ理事長)は今月、コープ市川店(市川市鬼高)を改装し、リニューアルオープンさせた。好きなおかずを好きな量だけ選んで購入できる「おかずバイキング」=写真=をはじめ、コープみらいの店舗で初となるスープや米飯のバイキングを新たに導入。総菜・簡便商品の品ぞろえも強化した。

 さらに築地市場やコープの指定産地から仕入れた鮮魚をすしや海鮮丼にして販売する、ワンランク上のすし「魚屋の鮨(すし)」の取り扱いを始めた。

 農産コーナーではミニトマトバイキングに加え、季節に合わせた洋風メニュー素材(ペコロス、芽キャベツ、マッシュルームなど)の野菜バイキングも開始。畜産コーナーでは県産「八千代黒牛」をコーナー化。酒コーナーはワインやクラフトビールなどの品ぞろえを充実させた。

 詳細は同店電話047(314)6511。




千葉日報 ブロッサム

このページに記事の掲載ご希望の方は、千葉日報社広告局 電話043(227)0055まで。イベントや製品の紹介などにご利用ください。原稿入稿方法など詳しくは、お問い合せください。原稿締切は掲載日の2週間前です。