「室外機盗の早期検挙を」 東金市長が署長に要望

山田署長(左)に犯人の早期検挙を要望する志賀市長=東金署
山田署長(左)に犯人の早期検挙を要望する志賀市長=東金署

 東金市内でエアコンの室外機盗難事件が多発していることから、志賀直温市長は22日、東金署を訪れ、山田耕作署長に「市としてもできる限りの注意喚起を行っているが、ぜひ早期検挙をお願いしたい」と要望した。

 東金署管内(東金市、大網白里市、九十九里町)では8月21日現在、147件(247台)の室外機盗難事件が発生しており、うち東金市内が93件(152台)となっている。

 志賀市長の要望を受け、山田署長は「警察として警戒しているが、なかなか犯行を現認できない。引き続き警戒していくが、市民の方からも情報提供をお願いしたい」と市民に協力を求めた。不審者の情報提供は同署、電話0475(54)0110。


  • LINEで送る