高校野球 前半ハイライト <第100回千葉大会>

  • LINEで送る

 第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会は前半戦が終了。20日は終業式のため試合がなかった。両大会ともベスト8が出そろい、21日からは1日おきに東、西の順番で試合を行い、25、26日の決勝まで熱戦が続く。

⇒波乱、シード8校敗退 大会盛り上げる古豪

⇒「18年周期V」崩れる 東海大浦安 津田沼7-2東海大浦安

⇒2回途中に登板 後半安定も涙 船橋二和・若佐主将 小金8-5船橋二和

⇒努力結実の人生初HR 鎌ケ谷西・大石 流山おおたかの森5-3鎌ケ谷西

⇒主将の意地で反撃 長狭・渡辺 千葉工8-7長狭

⇒猛追かなわず10回力尽きる 四街道北 佐倉6-4四街道北

⇒「負けたが悔いなし」 沼南・菅井主将 我孫子東6-3沼南

⇒決勝点への盗塁許す 東金商・大塚 成田国際6-3東金商

⇒女子野球部が盛り上げ 秀明八千代 東葉6-4秀明大秀明八千代

⇒相手応援席から声援 県立銚子・加瀬竜 東金8-1県立銚子