新たな変異株「情報収集続ける」 千葉大病院横手院長 気の緩み警戒

千葉大病院の横手幸太郎院長
千葉大病院の横手幸太郎院長

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が国内で初確認されたことを受け、千葉大病院の横手幸太郎院長は1日、報道陣の取材に「分からないことが多く情報収集を続ける」としつつ「過度に心配するよりも、ワクチン接種と基本的な感染対策の継続で、一定の感染抑制効果があると思う」と見解を示した。

 一方で、危惧するのは感染者減少に伴う気の緩み。オミクロン株も含め「気の緩みが感染再拡大につながる心配の方が大きい。年末年始に向け、基本的な対策を徹底しないと同じことの繰り返しになる」と警鐘を鳴らした。

 同大は、今後本格化する3回目接種でも免疫力の変化を調査する予定で「ワクチンがオミクロン株にも有効性があるかどうか研究も行いたい」とした。


  • LINEで送る