【新型コロナ詳報】千葉県内183人感染 1人死亡 柏の2施設でクラスター

 千葉県内で11日、新型コロナウイルス患者1人の死亡と183人の感染が判明した。12日からまん延防止等重点措置の対象地域に追加される柏市では、2施設で新たなクラスター(感染者集団)が確認された。

 県は、70代男性1人の死亡を発表。クラスターが発生した県内医療機関の入院患者で、呼吸器系の基礎疾患があった。

 柏市では、2施設で新たなクラスターが発生した。高齢者施設「パナソニック エイジフリーケアセンター柏豊住」のデイサービス部門で職員と利用者計5人、飲食店「SHISHA―CAFE煙舞」で従業員6人の感染がそれぞれ確認された。

 同飲食店は水たばこを提供しており、従業員は作業中にマスクを外す場面があったという。同市は4~10日の利用客について、最寄りの保健所に連絡するよう呼び掛けている。

 クラスターが発生している銚子市立病院では新たに職員3人、患者6人の陽性が判明し、感染者は計33人となった。

 船橋市の変異株独自検査では、対象の8人全員が陽性。アルファ株(英国株)が3人、デルタ株(インド株)の可能性がある変異は5人だった。

 11日に感染が確認された人の居住地別では▽船橋市41人▽千葉市22人▽市川市20人▽松戸市、柏市が各13人▽習志野市12人▽八千代市10人▽銚子市9人▽佐倉市7人▽市原市6人▽鎌ケ谷市、成田市が各4人▽四街道市、八街市、茂原市が各3人▽我孫子市2人▽浦安市、野田市、印西市、白井市、富里市、酒々井町、いすみ市、白子町が各1人▽県外2人、海外1人だった。


  • LINEで送る