【速報】千葉県の「まん延防止」延長、柏が再指定へ 君津地域4市対象外に 熊谷知事「継続やむなし」

千葉県に適用中の「まん延防止等重点措置」が4度目延長されたことを受け、県民に協力を呼び掛ける熊谷知事=8日、県庁
千葉県に適用中の「まん延防止等重点措置」が4度目延長されたことを受け、県民に協力を呼び掛ける熊谷知事=8日、県庁

 政府は8日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を開き、東京都に4度目の緊急事態宣言の発令を決定。千葉、埼玉、神奈川、大阪の4府県のまん延防止等重点措置は延長する。いずれも期限は23日に開会式を迎える東京五輪期間を含めた来月22日まで。千葉県の熊谷俊人知事は8日夜、報道陣の取材に応じ、重点措置について「継続はやむを得ない」と述べ、東葛南部地域―市原・君津地域と成田の12市としている現行区域を見直し、君津4市を外して柏市を加えた9市とする方針を示した。酒類提供の制限も継続する考えで、9日に開く県対策本部会議で正式決定する。

 熊谷知事は県内の感染状況について「高齢者のワクチン接種は進んでいるが、感染者は徐々に増加している。拡大が進めば医療体制が厳しい状況になる。早めの感染防止策を打つ局面」と述べ、4度目となる延長に理解を示した。

 対象区域の見直しについては、新規感染者数や病床稼働率などが改善しているとして「袖ケ浦、木更津、君津、富津の4市を外すことを検討している」と説明。

 一方で、東京で感染拡大している影響を受ける柏市について「早めに実効性のある措置を打っていく」として、再び追加する考えを示した。

 重点措置の対象区域での感染防止策については「これまでの対策を継続する」と述べ、飲食店での酒類提供について、感染防止の一定要件を満たした店で「90分以内」「2人まで」の要請を継続する。

 12日以降、重点措置の対象となるのは(1)松戸(2)市川(3)浦安(4)船橋(5)習志野(6)千葉(7)市原(8)成田(9)柏―の9市となる見込み。


  • LINEで送る