【新型コロナ詳報】千葉県内180人感染 東金と千葉市の接待飲食店で新たなクラスター

新型コロナ情報
新型コロナ情報

 千葉県内で9日、新たに180人の新型コロナウイルス感染が判明した。東金市と千葉市の接待を伴う飲食店2店で新規クラスター(感染者集団)が発生した。

 県によると、東金市の接待を伴う飲食店「CLUB EALA」では、従業員計6人の新規感染が判明。これまで感染していた従業員3人と合わせて計9人の新規クラスターとなった。マスクなしで深夜1時までカラオケをするなど感染対策が不十分だったという。

 クラスターが発生していた銚子市立病院では新たに職員3人、患者7人の感染が判明した。

 県はこのほか、104人の新規感染も発表。30代~90代以上の男女計5人が中等症だった。

 千葉市は、美浜区の接待を伴う飲食店「Queen‘s」で客と従業員計5人の感染が判明し、判明済みの5人と合わせて10人のクラスターが発生したと発表した。市は10代~80代の28人の感染も発表。うち80代女性が酸素投与を受けている。

 船橋市は、10代~60代の23人の感染を発表。市の変異株独自検査は、対象になった6人全員が陽性で、英国株(アルファ株)だった。

 柏市は、20~50代の4人の感染を発表した。

 9日に県内で感染が判明した人の居住地は、千葉市31人▽銚子市24人▽市川市23人▽船橋市19人▽松戸市16人▽東金市7人▽八千代市、習志野市、市原市、流山市が各6人▽佐倉市5人▽柏市、鎌ケ谷市、白井市が各4人▽浦安市、野田市、富津市が各3人▽成田市と印西市が各2人▽我孫子市、木更津市、君津市、大網白里市、館山市、栄町が各1人だった。


  • LINEで送る