【新型コロナ詳報】千葉県内145人感染 4日連続100人超 旭・柏の施設でクラスター

 千葉県内で18日、145人の新型コロナウイルス感染が新たに判明した。一日の感染者が100人を超えるのは4日連続。旭市と柏市の高齢者施設で新たにクラスター(感染者集団)を確認した。県内の累計感染者は3万1608人になった。感染判明済みの17人の変異株陽性も明らかになった。

 県疾病対策課によると、変異株陽性の17人はいずれもクラスターと関連はなく、海外滞在歴も確認されていない。

 柏市は、同市豊四季の高齢者施設「豊四季ケアセンターそよ風」で、新たに利用者3人の感染が分かり、既に判明済みの利用者3人と合わせて計6人のクラスターが発生したと発表した。同施設は14日から休業している。

 県は、85人の感染を発表した。旭市内の高齢者施設「デイサービスみなみ風」では、新たに職員3人と利用者10人の感染が分かった。利用者3人の感染が既に判明しており計16人のクラスターとなった。同施設は13日から休業している。

 千葉市は32人の感染を発表。八千代市の70代男性が重症で、人工呼吸器を装着して治療を受けている。

 18日に感染が確認された人の居住地は▽千葉市29人▽旭市25人▽船橋市20人▽松戸市12人▽柏市10人▽市川市、浦安市が各8人▽流山市、四街道市が各6人▽八千代市、印西市が3人▽習志野市、野田市、茂原市、匝瑳市が各2人▽佐倉市、八街市、銚子市が各1人▽県外2人▽海外2人だった。


  • LINEで送る